フランチャイズという言葉が日本に入ってきて久しいです。いまさら聞けないフランチャイズの全貌。仕組みや現状はどういったものなのでしょうか。

今や、全国どこへ行っても同じお店で同じ商品を買うことが可能です。ハンバーガーショップ、牛丼店、ケータイショップなどがいい例です。これらのお店は全国でチェーン展開しているわけですが、ほとんどはフランチャイズ契約なのです。有名どころではコンビニはすべてフランチャイズ契約した個人(または企業)が出店しています。
フランチャイズ契約とは、フランチャイズ本部と加盟店(加盟者)が契約を結ぶことです。

 

フランチャイズ契約を結ぶと、加盟店はフランチャイズ本部からノウハウや、看板、商品などすべてレンタルすることができます。その見返りとしてフランチャイズ本部は、加盟店から、ロイヤリティと加盟金を得ることができます。加盟店は月の売り上げの数%をフランチャイズ本部へ支払うことになるので、一見デメリットのように感じるかもしれません。しかし加盟店はロイヤリティを支払えば、儲かるノウハウや売れ筋商品を店に置くことができるというメリットを得ることができるのです。

 
またフランチャイズ本部も加盟店が儲けを出すほどロイヤリティが増えるので、加盟店の売上が上がるように指導します。つまりロイヤリティを通してフランチャイズ本部と加盟店が売上を上げるという同じ方向を目指すことができるのです。

 

フランチャイズ契約の良い点は、すべてマニュアル化されていることです。そのためなんのノウハウも持たず、知識も経験もない人でもビジネスを立ち上げることができるのです。また、知名度や実績のある店からスタートできることや、自分の店を持ちたいがゼロから立ち上げるのは自信がない人にはもってこいのビジネスモデルではないでしょうか。

 
このように確立したビジネスモデルができあがっているからこそ、ここまでフランチャイズビジネスが浸透していったのでしょう。