サラリーマンとビジネスマン

| 未分類 |

サラリーマンもビジネスマンも会社で働いている人のことを指します。その点ではこの2つの単語に違いはありません。しかし、あえて違いを端的に示すならば、サラリーマンは受動的、ビジネスマンは能動的ということができるでしょう。この観点でいうと、サラリーマンとビジネスマンは同じようで全く別の意味の単語となります。

 

この2つの単語の違いを具体的に言うと、サラリーマンとビジネスマンは仕事に向き合う態度で区別することができます。サラリーマンとは、会社から給料をもらって、与えられる仕事を決められた時間内で仕事をする人のことです。自発的になにか行動を起こすというよりは、仕事を与えられるのを待つ、受け身の体制ということができます。

 

ビジネスマンとは、事業目的を達成し、高い成果を出す人のことです。目的を達成するためにはどうすればよいか、自分で考え能動的に動くことができる人と言えるでしょう。つまり、サラリーマンとビジネスマンは仕事に向き合う姿勢が根本的に違うのです。
毎日会社に行って、決められた勤務時間会社にいれば成果の有無は関係なく給料は発生します。

 

しかし給料をよりたくさんもらいたい、より高い評価を得たいと考えるなら、当然ビジネスマン的に働くべきでしょう。限られた時間内に、より多くの結果を出すことに全力を注ぎましょう。そうすると、与えられた仕事をこなしていくのではなく、どうすれば結果を出すことができるか、自分で考え行動するようになるでしょう。会社としても、高い成果を出してくれる人により高い評価や報酬を与えたいと考えるのが普通です。

 

この記事を書いている管理人はサラリーマンの旦那をもつ専業主婦ですが、正直ビジネスマンの旦那がいいと思います。やはりお金がないので節約しているし、好きなものも自由に買えません。

 

先月なんて生活費が足りなくてカードローンで借入して払ったぐらいです。

前までカードローンは持たなかったのですが、こういう時に本当に便利ですね。ただ、使いすぎたりすると後が大変なので計画的に使わないといけません。

 

収入のない主婦でもカードローンの審査に通ったのでよかったです。

カードローンの審査に落ち続けているひとはこちらが参考になります→カードローンの審査に落ちる原因

 

サラリーマンとビジネスマンのどちらが良いとか悪いではありません。そうではなく、自分はどうありたいかを考えてみるとよいでしょう。自分自身の働きぶりや会社に対する貢献度はどうか。そのうえで自分はサラリーマンでいたいのか、それともビジネスマンになりたいのか。答えが見いだせるとよいですね。